サムイ島・トロピカル情報

Tag: ダイビング

大きな大きなタツノオトシゴ

by on 6月.06, 2015, under 海情報

タツノオトシゴというと、小さいイメージですが、
今回は大きな大きなタツノオトシゴちゃんを紹介します。

その名も

『オオウミウマ』

手と同じくらいの大きさがあるタツノオトシゴです。

砂地にポトリといるので、まるで木の枝が落ちているように見えるので、
うっかり見逃してしまいそうになります。

実はこのオオウミウマは妊娠中で、お腹がポコリ。

オオウミウマ

タツノオトシゴはオスのお腹に育児嚢があり、メスはこの育児嚢の中に産卵します。
なので、妊娠しているタツノオトシゴがオスなのです。

仲よくしっぽをくるり。

仲よし

ゆっくりゆっくり動いている、オオウミウマでした。

Leave a Comment :, more...

セイルロック

by on 1月.19, 2015, under 海情報

タオ島周辺の3大ポイントは

チュンポンピナクル・サウスウエストピナクル・セイルロック

になります。

どのポイントも沖合のポイントとなっています。

その3大ポイントの中でも最も人気なのが、セイルロックです。

このポイントはパンガン島とタオ島の間に位置するポイントで、
海にポツンと岩が出ている、最も魚影の濃いポイントになります。

セイルロック

サムイ島からはスローボートとスピードボートで行くことができます。

透明度が良い時は30mとスコーンと抜けますが、
透明度が悪い時は3mになることもあります。
同じ日に潜っても、午前中と午後と透明度が変わることもあるくらい、
変化があるポイントです。
また、流れが強い時もあるため、上級者向けのポイントとなっています。

変化がある分、魚影は一番濃い場所になります。

メインの岩にはチムニーと呼ばれる、縦穴があり、
セイルロックで潜るときは、必ずと言っていいほどここを通ります。

メインから少し離れた、離れ根にはギンガメアジが壁になっており、
圧倒されます。

バラクーダの群れや巨大ハタ、アジの群れなど、
360度魚だらけなので、どこを見たらいいのか、忙しいほどです。

セイルロック

セイルロックに一度潜ってしまうと、次も絶対潜りたくなること間違いなしのポイントです。

運が良いとジンベエザメにも会えますよ!

Leave a Comment :, , , more...

ハシナガウバウオ

by on 5月.28, 2014, under 海情報

ガンガゼの中でウロウロしているのがハシナガウバウオ。
上手にガンガゼの棘の中を動き回っています。

しーかーし、
始めてみてしまいました。
ハシナガウバウオが寝ている姿を。

ガンガゼ近くの岩の上で尻尾をくるんと丸めてじっとしているではないか。
これを見た瞬間テンションが上がってしまいました。

ハシナガウバウオ

とってもかわいー。

ちなみにハシナガウバウオはガンガゼと共生しているのではなく、
ガンガゼの肉を食べているそうです。

Leave a Comment : more...

ジャバラビットフィッシュの行進

by on 5月.07, 2014, under 海情報

ジャバラビットフィッシュはアイゴ科です。
先日セイルロックに行ったところ、ジャバラビットフィッシュが行進していました。

次から次へとザワザワやってきます。

行進中

みんな同じ方向を向いて、ものすごい数がやってきます。

ものすごい数

いや~、見ごたえありました。

Leave a Comment :, more...

モヨウフグ

by on 4月.24, 2014, under 海情報

砂地にのんびりと寝そべっていることが多いモヨウフグ。
今回は泳いでいる姿を見ることができました。

モヨウフグ

このフグ、意外と大きいので見ごたえがあります。
口の中が黒く、思わず歯磨きをさせたくなってしまうのは、私だけでしょうか?

Leave a Comment :, , more...

サイト内検索

下のボックスに何かキーワードを入れて見てください。とっておきの情報が見つかるかも!?

検索しても情報が見つかりませんか?そんな時はお気軽にアミへコメント下さいね♪